認知症を知る Good Life for Person with Dementia 認知症の人が住みなれた地域で自分らしく暮らすことができる社会へ

認知症ってなんだろう?

加齢によるもの忘れとは違い、正常だった脳の働きが徐々に低下する病気です。

年をとると、誰もが人の名前をすぐに思い出せなくなったり、ものをどこにしまったか忘れたりするものです。

認知症は、そのような加齢によるもの忘れとは違い、正常だった脳の働きが徐々に低下する病気です。数分前、数日間の出来事を思い出せない、新しいことを憶えられない、日付や曜日がわからない、言葉がなかなか出てこない、仕事の要領が悪くなる、道具や家電製品を上手く使えないなどの困難が生じて、以前のように日常生活を上手く送ることができなくなります。

認知症がどんな病気かを知ることで、認知症の本人への対応の仕方や介護に対する理解が深まります。

加齢によるもの忘れ
記憶の流れ
一部を忘れる記憶の帯はつながっている
・体験の一部を忘れる・ヒントがあれば思い出せる
たとえば・食事の献立が思い出せない・外出先で人と会ったことを忘れる
認知症
記憶の流れ
全体を忘れる記憶が抜け落ちる
・体験したこと自体を忘れる・ヒントがあっても思い出せない
たとえば・食事をしたこと自体を忘れる・外出したこと自体を忘れる

認知症「いっしょがいいね」を支えるガイドブック(監修:医療法人社団緑成会 横浜総合病院臨床研究センター センター長 長田 乾 先生)より

こちらもご覧ください。

  • いまの状態みるしるシート
  • 認知症 早期発見のポイント
  • 認知症の治療について 進行を遅らせる治療で本人を支え、家族の介護負担を少しでも和らげましょう。詳しくはこちら
  • 生活の工夫と対応 本人の気持ちに寄り添って、安心・一体感のある、良い関係を保ちましょう。詳しくはこちら

ページトップへ